蕎麦打ち同好会とは…

蕎麦打ち同好会

平成14年1月27日、自治会主催「老人と子供のふれあい」の行事の中で「子供が作った蕎麦をお年寄りに食していただこう」という企画が持ち上がり集会棟で蕎麦打ちをしたことからスタートしました。

現在は、夏祭りや芋煮会の自治会行事に「手打ち蕎麦」の模擬店を出店したり、年末に「いきいきクラブ」の方々に年越し蕎麦を提供したりすることで、自治会活動に参加しています。

自治会活動以外では、二八蕎麦との語呂合わせで、毎月28日前後の土曜日に管理棟1階で「蕎麦打ち」をしています。

メンバーは17人程おりますが、門戸は誰にでも開いていますので、興味のある方、健康指向の方は是非お立ち寄りください。

メンバー全員が素人ですが、経験年数は長いので「それなりに教えることはできる」と思っています。

蕎麦打ちの後はメンバーの「打ちたて・茹でたて蕎麦」を試食して、交流を図りつつ蕎麦打ち技術の進歩を確認し合っています。

最近は「サクラ切り蕎麦」「茶蕎麦」「ヘギ蕎麦」等の変り蕎麦に挑戦しています。
また、メンバーが蕎麦粉を準備する為、北海道、福島、茨城、山梨、島根等全国の蕎麦粉を使っています。
これらは「手打ち蕎麦を極める」過程の一環となっています。

蕎麦打ち同好会 活動紹介

毎月の練習会、夏祭りでの“ぶっかけ蕎麦販売”、年末年越しそば販売といきいきクラブと連携した、高齢者を対象とした年越しそば提供等々蕎麦打ち会活動も定着化してきました。

また、そばの出来具合もメンバーが腕を磨きそれなりの出来具合・食べ具合になってきたと自負できるようになりました。(市中の蕎麦屋さんには勝てる?)

蕎麦打ち同好会

このような状況を更に活性化しようと統一したユニフォームを作成することにしました。

夏祭りに間に合うように、Tシャツとエプロンを「道楽蕎麦」のロゴ入りで作成、全員が着用することで活動が更に盛り上がっています。

「道楽蕎麦」のネーミングはメンバー全員が趣味の世界を満喫しながら楽しく活動とのことで“道楽蕎麦”としました。

ロゴマークは、会員のご子息がデザインの仕事をされていることから、デザインをお願いし中々の仕上がりになったと喜んでいます。(ご子息さま:無償で対応いただきありがとうございました。)

蕎麦打ち同好会 活動状況

蕎麦打ち同好会では、原則毎月第4土曜日、全国各地の蕎麦粉を使い、主に二八蕎麦(蕎麦粉八割・小麦粉二割)を楽しんでいます。

蕎麦打ち同好会

どなたでも参加歓迎です、蕎麦打ちに興味のある方、手打ち蕎麦を食べてみたい方ぜひ例会に参加ください。
毎回試食会でその日の出来を確認しています。

蕎麦打ち同好会

9月には、青山にある福井県のアンテナショップで開催された、蕎麦打ち名人が指導(全国素人そば打ち名人大会の優勝者)する講習会にメンバー有志4名が参加しました。

蕎麦打ち同好会

越前蕎麦打ちを、名人のデモ打ち(十割蕎麦)を見学しながら、越前蕎麦の歴史、蕎麦打ちの工程を説明・指導いただきました。

蕎麦打ち同好会

蕎麦打ち工程:水回し(粉に水を均一に含ませる作業:これでそばの出来が決まる)捏ね菊練り、地のし、角だし、本のし、切りの各工程その後参加グループ毎に二八蕎麦蕎麦打ちに挑戦し見事美味しそうな蕎麦を打つことができました。( 少しレベルアップ?)

蕎麦打ち同好会

最後に名人が打った、十割蕎麦・二八蕎麦を比較試食でそれぞれのおいしさを堪能しました。

蕎麦打ち同好会 今後の活動

昨年も実施しました、年末年越しそばの販売を予定しています。
今年の新蕎麦が出回り始めていますが、非常に良い出来です。
美味しい年越し蕎麦を提供できると思いますので、是非ご利用ください。